正社員時代にしっかりと専門的な実力と経験を養っておく事で、派遣社員としての時給がきまります

派遣でないと探しにくい求人
派遣でないと探しにくい求人

正社員時代に培った経験と実力次第で、高収入も可能な派遣

独身時代、派遣社員として働いていました。その魅力は第一に時給の高さ、ついで勤務地や勤務稼動日などの条件を自分で選べるところにあります。もちろん派遣社員と言っても色々な職種がありますので、時給もマチマチですが、専門性が高い職種であればあるほど、時給が高くなると思います。

私の場合はDTPオペレーターという、印刷に関する知識と経験、特殊なアプリケーションの操作技術等を求められたので事務的なお仕事よりも高額な時給を頂いておりました。印刷、デザイン業会は締め切りがあるので残業や徹夜も日常的に起こるのですが、正社員として働く場合、残念ながらとてもお給料が安いです。私が正社員として働いていた会社は、2社とも残業代を払ってはくれませんでした。しかし派遣社員として働けば、派遣会社が作ってくれる契約の時点でしっかり残業代も保証してくれますし、深夜手当や休日出勤手当も支給して頂けます。私の場合は正社員時代と同じ労働時間で毎月2倍以上のお給料を頂いていました。多いときは3倍近かったと思います。(それだけ正社員時代の待遇に問題があったとも言えるかもしれませんが。)

しかし、高額のお給料を頂くにはやはりそれだけの実力が要求されるのは言うまでもありません。企業にしてみれば、それだけ払ってでも新人を育てるよりも魅力を感じる存在だからこそ、雇ってくれる訳です。ですから、正社員時代にしっかりとその道のスペシャリストと思えるような実力と経験を養っておく事が大切です。そして、自分に自身がついた時点で派遣社員として働く事をお勧めします。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 派遣でないと探しにくい求人 All Rights Reserved.